ギャルに人気の脱毛部位とAGAの特徴について

ギャルと呼ばれている女性は特別な定義は在りませんが、若い女性の中でもファッションやお洒落などに関心が強い女性をこのように呼んでいます。

また、お洒落を楽しむのが好きと言う事からも、見た目を考えて脱毛を行うギャルも少なく在りません。
因みに、ギャルと呼ばれている女性は未成年者も対象となるため、脱毛の施術を受ける場合には親の承諾が必要になるケースが多く、親に隠れて脱毛をすることは基本的には出来ません。

未成年者と言うのはホルモンの働きが未成熟であり、この段階で脱毛をすることで身体への負担が起きてしまうからだと言います。

尚、ギャルなどに人気が高い脱毛部位と言うのは、肌が露出する部分だけではなくアンダーヘアなどの部位も人気が在ると言います。
アンダーヘアの脱毛はビキニラインや陰部、肛門周りと言った部分で、人に見られると恥ずかしい部位になりますが、アンダーヘアの脱毛を行う事で衛生的に保てることや可愛い下着をつけることが出来るなどの魅力が在り人気を集めています。

但し、脱毛は毛周期に併せて何度かの施術を受ける事が大切で、毛周期は部位によりサイクルが異なるため、複数の部位を同時に脱毛する全身脱毛も人気が高くなっています。

所で、体内酵素の一つでもある5α-還元酵素と男性ホルモンのテストステロンが結び付いてDHTに変換されて毛周期を狂わせてしまうAGAは髪の毛の成長期を3か月ほどに短縮させる作用が在ります。
脱毛の場合は毛周期に併せて施術を受ける必要が在りますが、この毛周期がAGAの症状を持つことで3か月前後になると言う特徴が在ります。

尚、AGAは男性の薄毛ではあるのですが、女性にもAGAと同じようなメカニズムで薄毛の症状が起きる事が在り、これを瀰漫性脱毛症や女性男性型脱毛症、FAGAと言った呼び名で呼ばれています。