激光の脱毛対策とAGAの毛周期について

医療レーザーの光と言うのは激光と言われる光量です。
そのため、肌へのダメージなどに対するリスクが在る事からも、激光とも言われている医療レーザーを利用することが出来るのは医療行為が可能な病院のみと言う事になります。

最近は、医療レーザーの激光を利用した脱毛に注目が集まっており、女性を中心に脱毛を行う人が増えています。

医療レーザーの光は激光ではありますが黒いメラニン色素に強く反応を示す性質が在るため、毛穴の奥の発毛組織に光を集められると言ったメリットが在ります。

しかし、日焼けをした肌と言うのは医療レーザーの光が分散されやすくなり、肌へのダメージを与えてしまう可能性が高くなるため、脱毛の施術を受ける時などは日焼け対策が必須となります。

紫外線による日焼け対策を行う事で医療レーザーを使った脱毛が可能になり、毛周期に併せて脱毛を繰り返すことで永久脱毛を可能にすると言う事です。

毛周期は成長期、休止期、退行期と言う3つのサイクルの総称で、脱毛を行う時には成長期に併せて施術を受ける事で永久性を得ることが出来ます。
また、医療レーザーのような激光による脱毛は発毛組織を破壊出来るため、永久脱毛が可能になると言う事です。

毛周期の中でも成長期は髪の毛などの毛を太く長く伸ばす時期でもあるのですが、AGAの症状を持つ人の成長期は通常よりも極端に短く3か月前後だと言います。
AGAはDHTと言う強制脱毛ホルモンにより、成長期の期間が短くなり、生えて来た髪の毛は太く長く伸びる前に抜けてしまうため、薄毛の症状が悪化する事になります。

そのため、AGAの症状を特定する検査を早めに受ける事と、DHTを抑制させる治療を受ける事で発毛を期待することが出来るようになります。