AGAの原因と対策、腋下脱毛について

人間の体に生えている毛には軟毛、硬毛の2種類が在り、軟毛は産毛のように毛が細く、色が薄いのが特徴です。
また、硬毛は髪の毛を始め、腋下の毛、髭、胸毛やすね毛、陰部に生えている毛と言った具合に、毛の色が濃く、太いのが特徴です。

所で、ムダ毛を処理する女性は多くいますが、最近は男性でも脱毛を行う人が増えています。
硬毛となる髭やすね毛、胸毛などの脱毛を始め、アンダーヘアの脱毛を行う男性も増えていると言います。

女性のムダ毛処理の中でも腋下部分と言うのは、夏になると肌を露出する事が多くなるため、腋下脱毛を行う女性も多くいます。

腋下脱毛を行う時にはクリニックや脱毛サロンと言った選択肢が在りますが、クリニックで行われている医療レーザー脱毛は永久脱毛が可能になるため、毛周期に併せて腋下脱毛を繰り返すことでムダ毛処理をする必要が無くなると言ったメリットが在り、医療レーザーの光は黒いメラニンに強く反応を示す性質が在り、毛の色が濃い腋下の毛などの硬毛に最適と言われています。

AGAは脱毛が自然に行われる薄毛で、AGAの原因は強制脱毛ホルモンの働きによるものです。
強制脱毛ホルモンはDHTと呼ばれるもので、毛周期を狂わせてしまうために抜け毛が生じてしまい、薄い部分が増えて行くことになります。

また、AGAは原因となるDHTを抑制させることで毛周期を正しくし、発毛を期待することが出来るため、早めに治療を受ける事で発毛並びに育毛を促すことが可能になります。

因みに、毛周期には成長期と呼ばれるサイクルが在りますが、成長期は髪の毛を成長させる期間で、通常は2年から6年と言われていますが、強制脱毛ホルモンでもあるDHTが作用することで成長期は3か月ほどになると言われています。