AGAの薄毛のタイプと薬名について

AGAは男性型脱毛症と言った別名が在りますが、AGAには額の生え際部分が徐々に薄くなりM字型と頭の頭頂部が丸い形で薄くなるO字型の2つのタイプが在り、個人差が在るため両方の症状を持つ人とどちらか片方の症状を持つ人がいます。

AGAはテストステロンと5α-還元酵素が結びつくことでDHTと言うホルモンに変換され、DHTがヘアサイクルを乱すことで長く伸びる髪の毛が短い段階で抜けてしまうために薄毛が生じると言った特徴が在ります。

尚、DHTはヘアサイクルの中でも髪の毛が成長する過程を短くする性質が在ります。
一般的に、髪の毛の成長期は2年から6年と言われています。

これは、髪の毛が生え始めてから抜けるまでには2年から6年と言う期間が在るということなのですが、DHTが作用することで3か月前後の短い期間になります。

そのため、髪の毛が途中で抜けてしまい、薄毛の症状が起きてしまうと言う事なのです。
尚、O字型やM字型などのタイプに関係なく治療効果を持つと言われているのがプロペシアと言う薬名の医薬品です。

プロペシアはフィナステリドと言う薬名の医薬品が主成分になるもので、5α-還元酵素を阻害する作用が在ります。
そのため、AGAの特効薬として有効とされており、プロペシアを服用することでDHTと言う男性ホルモンに変換される事が無くなり、DHTが作用しなくなることで毛周期が正しくなると言う事です。

また、毛周期が正しくなる事で髪の毛は途中で抜ける事を防止することが出来るため、発毛への期待出来ると言う事からもAGAの特効薬として有効だと言われているのです。

尚、プロペシアだけではなく、ミノキシジルと言う薬名の医薬品を使う事で、プロペシアで発毛を期待し、ミノキシジルで育毛を促す治療を受ける事が出来ます。