AGA治療と輸入医薬品と血液などのチェックの重要性

AGAの治療薬と言うとプロペシアやミノキシジルなどが有名ですが、プロペシアは医師による処方が必要な医薬品で、ミノキシジルについても同じことが言えます。

しかし、輸入代行を手掛ける通販サイトではこれらの医薬品のジェネリック医薬品を購入することが出来るようになっています。
ジェネリック医薬品は後発医薬品と呼ばれるもので、プロペシアやミノキシジルなどは先発医薬品と呼ばれています。

先発医薬品と言うのは医薬品の開発におけるコストが膨大な金額となるため、医薬品自体の価格も高くなります。
しかし、ジェネリック医薬品は先発医薬品の特許が切れた後に、別の製薬メーカーが同じ成分で医薬品を製造し、同じような作用を持つことからも、価格が安く、しかも効果は先発医薬品と同等とも言われています。

AGA治療は保険が適用されないので、治療費における経済的な負担も大きくなりますが、ジェネリック医薬品の場合は安く購入が出来るため、経済的な負担を軽減することが出来ます。

しかし、医薬品と言うのは副作用が起きると言ったリスクが在る事、検査をしてみる事で医薬品の作用がどの程度在るのかなどが解るなどの特徴が在ります。

プロペシアには精子の量が少なくなってしまう副作用や性欲の減退、勃起不全などの副作用が起きる可能性が在ると言われており、病院での血液検査を受けるなど、副作用におけるチェック、医薬品の効果に対するチェックなどを行った上で服用することが良いと言われています。

尚、AGAの専門クリニックなどでは、最初に血液検査や遺伝子検査を行い、AGAの症状を特定させて、医薬品の副作用のチェックなどを行った上で、患者さんに合う治療法でAGA治療を行ってくれるのが特徴です。