AGA治療は飲み薬以外にも方法はある?

男性の頭髪に薄毛をもたらす大きな原因として注目を集めるAGAですが、これは医療機関などで専門治療を施すことによって改善効果が得られます。そもそもAGAはテストステロンと言う男性ホルモンが身体の内部を循環する中で頭皮の特殊な酵素と反応し合い、頭髪の成長を阻害するDHTという物質を生み出すことから症状が始まります。これを毛乳頭が感知するとすぐに成長サイクルが乱れ始め、健康的な髪もすぐに抜け落ちてしまうのです。

医療機関におけるAGA治療は飲み薬の処方が一般的です。フィナステリドという頭皮の特殊な酵素の働きを抑制する物質を配合したプロペシアなどの錠剤を服用することで、DHTの分泌を抑えることが可能となるのです。ただしこの飲み薬には勃起不全や精力減退などの副作用が起こる可能性もあり、人によっては使用が限定されることもあります。

こう言った飲み薬以外にもAGAの治療法は存在します。例えば、ミノキシジルを配合した塗り薬を用いることで頭皮の毛細血管を拡張させて、栄養分を十分に補充することで発毛や育毛を促すといった方法もあります。

さらに薄毛治療専門のクリニックでは、成長因子や栄養分などを混ぜ合わせて作られたカクテル状の液体を頭皮に直接注射することによって発毛を促すという治療法も存在しており、高い効果と人気を有しています。また、自毛を毛包ごと採取し薄毛部分にしっかりと植毛することでもう一度頭髪をもたらすという手法もあります。

その他にも髪の成長に欠かせない栄養分やAGAを改善するための天然素材などが配合された市販の育毛剤なども販売されていますので、あくまで自分自身に適したものをしっかりと選んだ上で使用してみると良いでしょう。